ノンアルコールビールおいしさ満足度調査

写真拡大

「アルコール0.00%のビールテイスト飲料(ノンアルコールビール)」が相次いで発売されているが、果たして一番「おいしい」のは――オリコンコミュニケーションズは2011年11月24日、「ノンアルコールビールおいしさ満足度調査」の結果を発表した。

1位はサントリー「オールフリー」

今回の調査はノンアルコールビールの売り上げ上位5商品について、モニターにブラインド試飲テスト形式で各製品を「のどごし」「後味のスッキリさ」といった6項目で評価してもらった。

総合満足度71.12ポイント(100ポイント満点)でトップに立ったのは、サントリーの「オールフリー」。「のどごし」「キレ」「苦味」の3項目で首位を獲得、残りの項目も全て2位だった。「ビールらしい味わいか」「食事との相性は良さそうか」「毎日飲めそうか」「今後も飲みたいか」といった印象評価でもトップで、ビールに近いバランスの取れた味に好評が集まった。

アサヒ「ダブルゼロ」はクセの無さが高評価

続いてアサヒビールの「ダブルゼロ」が、2位に食い込んだ。こちらは「後味のすっきりさ」「口当たりの良さ」、そして特に「クセの無さ」への高評価が目立ち、「食事に合いそう」という声も多かった。

ランキングは以下、3位に「キリンフリー」(キリンビール)、4位「プレミアムアルコールフリー」(サッポロビール)、5位「休む日のAlc.0.00%」(キリン)と続いた。3〜5位の差はわずかだった。

調査は「アルコール0.00%のビールテイスト飲料」を月に1回以上飲んでいる20〜50代の男女、のべ1050人を対象に実施された。