ただギターが描かれているだけではない。本当に弾ける。

写真拡大 (全2枚)

以前、コネタで「演奏できるTシャツ」という記事をお送りしたことがある。Tシャツにプリントされた“ギター”や“ドラム”を弾いたり叩いたりすると、実際にアンプから音が響き出すという、ミラクルなアイテムであった。もう、あそこまでいくと、服というか楽器というか……。

そして、今度はバッグ。11月1日から株式会社センチュリーより発売されているのは、『エレキギターバッグ』である。
こちらも、ご多分に漏れず弾ける。メッセンジャーバッグの表面に描かれたギターのフレット部分を押さえてストロークすると「ギュイ〜ン!」って、まさに気分はロックスター。

実はこのシリーズに対しての、同社の入れ込みようがスゴいのだ。
「Tシャツの際は、ギター、ドラム、サウンドトラックと展開しておりましたが、バッグに関してはまだギターのみとなっております。ただ、前回が非常に好評でしたので、当社にとって外せない商品だと認識しています」(同社・担当者)
このバッグは、アメリカのメーカーが製作しているグッズ。もしもこの先、ギター以外の楽器でバッグが発表されていくようならば、日本国内でもアメリカとのタイムラグ無しで展開していくと、同社は固く心に決めているそうだ。

ところで前回のTシャツは、何がそんなにウケたのだろう?
「ギターを弾いたら音が鳴るだけでなく、コード進行できるという点が好評でした。ドラムの場合、叩くパートの位置によって鳴る音も違っていました」
この辺りのギミックの緻密さが、人気の秘密だった。特にハマった人の楽しみ方として報告されているのは、セッションである。Tシャツを数枚購入し、みんなが各々シャツを着こんでジャムったりなんかして。Tシャツで構成された、もはやバンドじゃないですか!

しかし、今度はシャツじゃない。そのセッションに、バッグで参加させてもらえませんか? 早速、『エレキギターバッグ』を取り寄せて、私も演奏してみました!
まず、肩にバッグの紐を引っかけた。次にアンプに電池を入れて、スイッチを入れたら「グワ〜ン!」。いきなり、響きやがった!!

思わず驚いてしまったが、これには理由がある。今回のバッグは、前回のTシャツと異なる点があるのだ。
「今回はバッグですので、ピックは不要です。その気になったら、好きな時に弾いてください。もし、雨が降ったら鞄の中にアンプをしまっておく。そんな形で、お楽しみいただきたいです」(担当者)
Tシャツでは必須だったピック、今回は無くても良い。ギターを指弾きなんて、ジェフ・ベックの心境ですよ!

また、気持ちがいいのはギター(バッグ)の位置だ。ショルダーの紐でぶら下がったギターの高さが、本物のギターと瓜二つというか。前回のTシャツの時は、コードを押さえる手の位置が、胸の高さまで来ていただけに。しかしこのバッグだと、お望みの低い位置でかき鳴らしちゃっていい。今度は、ジミー・ペイジの心境ですよ!
ちなみにこのバッグ、何も押さえずに弾く「E」(最低音)から、1オクターブ上の「E」までをカバーしていたりする。本格派だ。

そんな『エレキギターバッグ』は、同社の直販サイトである「白箱.com」で発売されている。価格は、5,980円(税込み)。これで、いつでもどこでもギタリスト。ただ、スイッチをオンにしたまま満員電車に乗り込むのはタブーです。他の人と密着したが最後、バッグから「グワン、グワン」と鳴り続けてしまうから。
(寺西ジャジューカ)