「5000万冊販売達成記念キャンペーン」サイト

写真拡大

「電子書店パピレス」「電子貸本Renta!」のパピレス(東京・豊島区)では、2011年10月までの累計電子書籍販売数が5000万冊を突破した。これを記念して11月25日13時から、出版社38社が「イチオシ」する漫画や小説など合計45冊を無料で閲覧できる「5000万冊販売達成記念キャンペーン」を実施する。

ドラマ化・映画化された人気作も

累計販売数5000万冊を達成した電子書籍販売サイト「電子書店パピレス」、および電子書籍レンタルサイト「電子貸本Renta!」では、月間販売数でもこのたび100万冊を突破。その利用はますます広がりを見せている。

今回無料で公開されるのは『インディゴの夜』『読めそうで読めない間違えやすい漢字』など小説・実用書19作品、そして『うさぎドロップ』『サラリーマン金太郎』などコミック26作品だ。ドラマ化、映画化された人気作やベストセラー作品も多数含まれている。

PC、スマホでアクセスするだけ

閲覧は「電子書店パピレス」「電子貸本Renta!」の特設ページ(http://www.papy.co.jp/act/page/topics/5000thanks.htm、http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/page/topics/5000thanks.htm)で、読みたいタイトルをクリックするだけ。PC、スマートフォンを問わず簡単に閲覧できる。無料で読めるのは各サイト3冊ずつの合計6冊となる。

キャンペーン期間は11月28日13時まで。