写真は、エスプリブラック

写真拡大

パナソニックは、デジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-GX1」を2011年11月25日に発売する。

多彩なフォーカス機能搭載

「DMC-GX1」は、フラットタイプのミラーレス一眼カメラで、機動性が高い「小型、軽量」を特長とし、一眼カメラならではの高画質、写真趣味層のユーザーに求められるレスポンス、充実の撮影アシスト機能を高品位デザインに凝縮。

画質面では、マイクロGレンズシステムの実力を引き出す「約1600万画素 Live MOSセンサー」と「ヴィーナスエンジン」を搭載し、高画素化と高感度化を両立し、高精細でノイズの少ない写真、動画撮影を実現した。

高機能・高品位なネオクラシックデザイン

フォーカス性能では、AF(オートフォーカス)を強化し、高速AFだけでなく、多様なシーンでの使い勝手にこだわった機能性を追求し、一瞬の表情を逃さないAF性能を実現。

デザイン面では、小型なボディーでありながらカメラの持つ高い機能性を充実させるだけでなく、素材・形状・加工など、パーツの細部に至るまでデザインを追求し、「持つ喜び」を体感できる高機能・高品位なネオクラシックデザインに仕上げた。色は、エスプリブラックとブレードシルバーの2色。

本体のみの予想販売価格は、7万円前後。