「2011秋 標語・川柳大募集」キャンペーン

写真拡大

財団法人 道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)は、「2011秋 標語・川柳大募集」キャンペーンのウェブ一般投票を2011年11月21日から受け付けている。

応募作品を通じエコドライブのポイントをチェック!?

身近な生活の中でVICSを活用したエコドライブを実践してもらうことを目的として、「エコドライブ」や「渋滞」をテーマに標語・川柳を募集したところ、応募総数2008件の作品が寄せられた。家族や異性とのドライブシーンで起こった渋滞エピソードやエコ安全運転のコツなど、ユーモラスなものから思わずうなずいてしまうものまで応募作品の内容はさまざまだった。

一般投票では、1次審査で選ばれた川柳6作品、標語20作品の候補をキャンペーンサイトで公開し、12月2日まで投票を受け付けている。投票結果をもとに最終選考を行い、選ばれた優秀作品および佳作は12月19日に発表する予定だ。

一般投票はこちら(http://www.vics.or.jp/cp2011/slogan_vote/index.html)

渋滞回避でガソリン最大10%節約

VICS(Vehicle Information and Communication System)は、センターに集まった渋滞、交通規制、駐車場の空き具合、目的地までの所要時間などいった道路交通情報を対応カーナビに配信するシステム。ビーコン情報を受信できるカーナビであれば、渋滞を避けて空いている道を選んで自動案内してくれる。

VICSを使って渋滞や交通規制を回避すれば、運転時間を最大20%削減でき、空いたルートを通ってスムーズな走行を実現することで、ガソリンを最大10%節約することが可能とされている。VICS利用によるCO2排出量の削減効果は全国で年間約214万トンにも上るという。

VICSセンターは12月2〜11日の東京モーターショーをはじめ、多数のモーターショーに出展する予定。ブースにはVICS-Beeの着ぐるみも登場し、「安全!安心!快適!VICS=エコドライブ」をコンセプトに、VICS利用のエコドライブへの貢献をアピールする。