いよいよ11月21日から全国発売となった日清カップヌードルごはん シーフード

写真拡大

日清食品は「日清カップヌードルごはん」シリーズの第2弾として、「日清カップヌードルごはん シーフード」を2011年11月21日に全国発売する。

麺の味や具材まで忠実にごはん化

「日清カップヌードルごはん」シリーズはその名の通り、日清のカップヌードルの味を「ごはん」で忠実に表現した電子レンジ調理の即席カップライス。

7月に全国発売された「カップヌードル味」に続き今回の「シーフードヌードル味」でも、スープのみならず麺の味やフライした風味、そして「キャベツ、たまご、イカ、カニ風味かまぼこ、ネギ、貝柱」といったおなじみの具材までそっくりそのまま「ごはん」化している。

使われるごはんは、一度炊き上げた米を熱風で乾燥させ、膨化(パフィング加工)したもの。これを電子レンジで水から「炊く」ことで、ごはんのすみずみにまでシーフードヌードルの味が染み渡る。

近畿地区では売れ過ぎで販売休止

近畿地区では2010年8月、「カップヌードル味」「シーフードヌードル味」の先行販売が始まったが、当初の予想を大幅に超える人気で、発売から4日で一時販売を休止する騒ぎに。2011年7月25日に全国発売された「カップヌードル味」は、すでに前年の同ジャンル商品の市場規模を上回る売れ行きを示している。

価格は250円(税別)。