「衣服の刺激が乳児の肌の乾燥に影響するか」(花王 ハミングNeo調べ)

写真拡大

花王は「乳児の肌の乾燥 実態調査」の結果を発表した。調査は乳児を診察することの多い皮膚科医100人と乳児を第1子に持つ新米ママ400人を対象に2011年10月5〜8日、インターネットを通じて実施した。

皮膚科医95%、乾燥原因に「衣服の刺激」

それによると、皮膚科医の74%が乾燥肌の赤ちゃんが「増えた」と実感している。乳児の肌が最も乾燥しやすい季節は「冬」が84%で最も多かった。

新米ママは「空気の乾燥」(76.5%)、「気温や気候」(71.3%)など、季節の変化が赤ちゃんの乾燥肌の原因と考え、「おしりを清潔に保つ」「スキンケアローションやクリームを使う」(どちらも63.0%)など、何らかの乾燥防止対策を実施していると答えたのは97.5%に上った。

それにもかかわらず、94%とほとんどの皮膚科医は、親が赤ちゃんの乾燥肌をケアしないと感じているようだ。皮膚科医の95%は、「衣服の刺激」も赤ちゃんの肌の乾燥に「影響する」と回答しているが、乾燥の原因として「衣服の刺激」をあげていたママはわずか26.3%。赤ちゃんの肌ケアに認識のギャップがあることが分かった。

柔軟剤使用ママは66.3%

皮膚科医の85%は、赤ちゃんを抱く家族の衣服にも「気づかうべき」と回答しているが、実際に「気をつかっている」と答えたママは65.7%にとどまっている。

赤ちゃんの衣服の洗濯について、66.3%が柔軟剤を使用していると回答。「大人の衣服と同じ柔軟剤」が45.7%、「大人と同じ柔軟剤だが、乳児の肌にもよいと言われているもの」が44.2%。70.3%のママが赤ちゃんと大人の衣服を同時に洗濯し、手間を省きながらも赤ちゃんの肌のために衣服を柔らかくするよう心がけているようだ。

皮膚科学を専門とする三重大学の水谷仁教授は、「柔軟剤を使うことを心配されるお母さんもおられますが、赤ちゃんの衣類にも使える柔軟剤で、衣服をやさしい肌触りに仕上げた方が、皮膚への刺激が少なくなることが考えられます。」と話す。花王の柔軟剤「ハミングNeo」では、水谷教授の指導のもと成人を対象にしたテストを行い、柔軟剤で仕上げた肌着を4週間着用した場合と、洗いざらしの肌着を4週間着続けた場合を比べたところ、柔軟剤で仕上げたやわらかな肌着のほうが、肌表面の水分が失われにくいことがわかっている。水谷教授は、「乾燥が一段と厳しくなるこれからの季節、赤ちゃんの敏感な肌をやさしく守ってあげてください。」とアドバイスした。ミキハウスの子育てサイト「ハッピーノート」とコラボした特別サイト「ハグ育ラボ」もオープンしている。