NTT東日本とNTT西日本は、1989年7月から提供していた「ダイヤルQ2」サービス(情報料回収代行サービス)を、2014年2月28日に終了する。あわせて、新規申し込み受け付けも、2011年12月15日に終了する。

「ダイヤルQ2」サービスは、テレホンサービス等の情報提供者が0990で始まる番号で番組(有料情報)を提供し、番組を利用した人に対する情報料を、NTT東日本・NTT西日本が情報提供者に代わって回収するサービス。

インターネット等を利用した情報提供手段の多様化で、サービスの利用者が年々減少していた。