懐かしくも新しい! 撮ってすぐプリントできるデジタルカメラ『Polaroid Z340』発売

写真拡大




サミット・グローバル・ジャパンは、『Polaroid Z340 インスタントデジタルカメラ(以下、Z340)』を11月14日より国内で販売します。Polaroidの伝統的なデザインを踏襲しつつも、1400万画素CMOSセンサー、高画質レンズにプリンターを一体化した、新しいインスタントデジタルカメラです。想定小売価格は3万2800円(税込み)。

『Z340』は、撮った写真をその場ですぐにプリントできるインスタントデジタルカメラ。昔懐かしいポラロイドフレームや、ポラロイドフィルムの味わいを再現できるエフェクト機能や多彩な撮影モードを搭載。プリントする前に、画像の選択、トリミングやオリジナルフレームをつけるなどの編集も行えます。

Polaroid Z340
プリント時間は1分以内。1回のフル充電で同時に25枚の写真を印刷できます。ZINKの第二世代プリント技術を採用し、旧ZINK製品より高画質なプリントを実現。サイズも2倍の3×4インチ(約7.6×10.2cm)、シミ防止や耐水性の高い写真を印刷できるようになりました。

Polaroid Z340
静止画は1400万画素、動画は1280×720のHD画質の高画質で撮影可能。夜景やポートレート、食べ物など30種類のシーンモードのほか、魚眼レンズモードや味わいあるLOMOモードなど、トイカメラとして楽しめるモードも搭載。2枚、4枚に同じ写真または別の写真を分割表示する「2アップ」「4アップ」モードもあり、手帳サイズのコンパクトサイズ写真プリントもできます。

Polaroid Z340
ポラロイドならではのフレームと、6種類のポラロイドカラーモードを搭載。『SX-70』を再現したモード、モノクロ、セピアなど雰囲気のあるオリジナル写真を作って遊べます。

Polaroid Z340 魚眼モード
近ごろは、写真は「記録」よりも「共有」のツール。『Twitter』『Facebook』などでオンラインで、飲み会や結婚式などのリアルな場所で「シェア」する目的でカメラを使うことが多くなりました。『Z340』は、バーチャルとリアルの両方で「シェア」を実現するとともに、クリエイティブな写真の楽しみ方を再発見できるカメラになりそうです。

サイズはH15.5×W12.7×H6.5cm、重さ約620g。ACアダプター、充電式リチウムイオンバッテリー、USBケーブル、ハンドストラップ、ZINKペーパー10枚(3×4インチ)が付属しています。別売りの『ZINKペーパー(30枚入り)』は実勢価格1980円(税込み)。