高田冬彦氏、林千歩氏、TEAMまこぷり、劇団☆死期ら若手アーティストも参加

写真拡大

アートセンター「トーキョーワンダーサイト本郷」は、美術家・会田誠氏と若手アーティストによるコラボレーション展「美術であろうとなかろうと」を2011年12月25日まで開催している。

大学時代の作品も

同センターが段階的・継続的な若手支援事業として開催する「Emerging/Master」の一環。国内外で活躍するアーティスト(Master)の初期(Emerging)から現在に至る活動を展示する。

今回は、会田氏が大学在学当時に描いていたドローイング作品をはじめ、2008年から精力的に展開しているダンボールプロジェクト「MONUMENT FOR NOTHING ?」の公開制作を行うとともに、彼が注目する若手アーティストたちの活動も紹介する。

また「MONUMENT FOR NOTHING ?」では共同制作者を募集しており、

「もの作りは人生最良のヒマつぶしだと思う。経験不問、道具不要。来たれヒマしているダメ学生、オタク、ニート、パラサイト、引きこもり、メンヘラ諸君!」

と語っている。

入場は無料。