「KONICA MINOLTA エコ & アート アワード 2012」展

写真拡大

コニカミノルタは、2012年3月に開催予定の「KONICA MINOLTA エコ & アート アワード 2012」展の作品を募集している。期間は2011年12月31日まで(当日消印有効)。

グランプリは賞金30万円

社会・文化・芸術への貢献を目的に運営するギャラリースペース「コニカミノルタブラザ」(東京・新宿)で行われる同展は、環境と芸術を結ぶアイデアを広く募集するデザインコンペティションで、4回目を迎える今回も、16歳〜35歳の若手アーティスト・クリエイターを対象に、アートの視点からエコ活動を促進するための芸術作品や製品、グラフィックデザインなどを募る。

募集するのは「ビジュアルアーツ部門」「プロダクト&コミュニケーション部門」「next ACTION部門」の3部門。入選者(各部門20人予定)には賞金1万円が贈られ、また、入選者の中からグランプリ(賞金30万円)、準グランプリ(10万円)、オーディエンス賞(賞金3万円+Pen年間購読料)がそれぞれ各部門1点決まる。ほかにも、審査員特別賞3万円(4点)、協賛者特別賞「IDEE賞」「J-WAVE賞」が用意されている。

ちなみに、「next ACTION部門」は本年度あらたに設けられた賞で、「3・11」の事象を深く追求した作品、日本の復興や未来への扉をあけるアイデアを求めるものだ。

応募に関する詳細や応募用紙のダウンロードは下記ウェブサイトで。

http://www.konicaminolta.jp/plaza/eco-art-award_2012/