インテルのマッシモ・モラッティ会長が、『ガゼッタ』オフィスで開催された「ファケッティ賞」の授賞の場で、マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリについても言及した。同会長は次のように話している。

「バロテッリ? 明日にでも再び獲得したいね。私はいつも彼のことをすごく評価しているんだ。今の彼は、(ロベルト・)マンチーニ監督と、イングランドでの経験のおかげで、とてもうまくやっているように思う」:

一方で、モラッティ会長は1月のマーケットについて、「ブラジル市場? みんな見ているところだろう。世界で起きていることが、サッカー界に影響しないとは限らない」とコメント。また、リーグ戦についても触れ、インテルが「もう少しうまくやりたいという意欲をもって」再開すると語った。

「おそらく、精神的な観点でなければ、難しいことじゃないはずだ。自分たちは強い、うまいと感じるようにし、謙虚になることが大切だよ。より穏やかな順位になり、リスタートをする上で、それが必要だろう」

また、モラッティ会長はクラウディオ・ラニエリ監督について、「スクデットについて言うのは良いことだ。イタリアのリーグでは、そういうこともあり得るんだよ」とコメント。中盤に闘志をあらわにするようなタイプの選手が必要ではないかと聞かれると、「それは監督が考えるだろう」とj答えている。