はじめに

 これまでに「統一球はプロ野球をどう変えたのか?」というタイトルで以下のような分析をしています。

統一球はプロ野球をどう変えたのか? ‐先発投手の投球内容と勝敗の関係‐
統一球はプロ野球をどう変えたのか? ‐2011年の得点傾向‐

 統一球の影響を具体的に検証するというよりも2011年のデータをまとめて,過去5年分のデータと比較している段階です。地味な作業ではありますが,分析を重ねていくことで徐々に統一球の影響が見えてくるようになるのではないかと思います。

 前回は得点だけでしたが,今回は各試合の結果の得点と失点を合わせて集計してみたいと思います。これで,どのような結果の試合だったかという特徴がよりつかめるようになると思います。

 分析に使用したデータは,2006年〜2011年のNPB12球団のリーグ戦5166試合,10332チーム分のデータを「プロ野球ヌルデータ置き場」様より参照しています。

何点差の試合が最も多いのか?

 まずは,2006年〜2011年までの5166試合の得点差を集計してみました。データを表1に示します。

表1

 このデータをグラフ化したものを図1に示します。

図1

 図を見るとよくわかると思いますが,試合の決着として最も多いのは1点差の試合です。以外と拮抗した試合が多いようです。

 しかし,これでは1-0も2-1も5-4も全て1点差とカウントされてしまうために実態をつかみにくいところがあります。というわけで,以降はもう少し細かく分析して行きたいと思います。

得失点差の分析(2006〜2011)

 まずは全チームの2006年〜2011年までのデータを対象に,得点と失点で分類してみました。データを表2に示します。

表2




 この表の見方ですが,縦が得点を,横が失点を示しています。得点が1で失点が0の欄には1.44%とありますが,これは,1対0で終わった試合が全チームの1.44%を占めていることを占めています。

 データの多いところには色をつけています。色付けの基準を表3に示します。

表3

 このデータは全チームのデータですので,勝ったチームも負けたチームも同じ数だけあります。したがって,得点が1で失点が0の欄も得点が0で失点が1の欄も同じ値になっています。分析の際には半分のデータだけでやっても良いのですが,先々で個別のチームの分析をする際にはこの表全体のデータが必要になりますので,今回も全体を示して行きたいと思います。

年度別に見た得失点差の分析

 さて,このデータは2006年から2011年までの全てのデータをまとめたものです。以降は,このデータを年度別に集計し,2011年の特徴などをつかめればと思います。

 まずは,2006年のデータを表4に示します。

表4




 続いて,2007年のデータを表5に示します。

表5




 次は,2008年のデータを表6に示します。

表6




 その次は,2009年のデータを表7に示します。

表7




 これまた次は,2010年のデータを表8に示します。

表8




 最後に,2011年のデータを表9に示します。

表9




 以上,2006年から2011年までの年度ごとの得失点の割合を示しました。2010年以前はだいたい同じような傾向だったのですが,2011年は色の付き具合が得点も失点も少ない方向へシフトしていることがわかります。

まとめ

 以上,得失点差の分析をしてみました。

 得失点差の分布をみれば,案外接戦が多いな,という印象です。年度ごとにその傾向を分析してみると,やはり2011年は過去5年と比較して異なる傾向がうかがえました。

 とはいえ,私が便宜的に設定した基準によって色付けしたデータで雰囲気を眺めているだけですので,説得力のないデータでもあります。というわけで,前編はこのくらいにしておいて,後編ではもう少し数量的に整理して得失点差の年度による違いを分析して行きたいと思います。

後編に続く……

おわりに

 とりあえず前編です。後編はまた明日にでも

 地味な分析ですが,これから色々分析していく過程で役に立てば良いかなと思ってやっています。