『この人と一緒に働きたいと思わせる仕事術』

写真拡大

ポプラ社は2011年10月15日、新刊本『この人と一緒に働きたいと思わせる仕事術』(著・能町光香)を発売した。

最も大事なのは「気がきく」こと

外資系証券会社や老舗宝飾品ブランドなど、数々のグローバル企業でエグゼクティブの秘書経験を持つ著者の能町氏が、自身の経験を生かして"この人と一緒に働きたいと思わせるノウハウ"を詳しく伝える一冊だ。

最も大事なのは「気がきく」ことだといい、「気がきく社員」には誰でもなれるとし、なぜ、「気がきく社員」は定時で帰れるかも明瞭に説く。また、ストレスのない環境は自らつくることが可能だともいい、特に人間関係においては自分の思うように進まないことが当たり前で、だからこそそれを前提に行動すればストレスは回避できると記している。

能町氏は、本のタイトルにもつながるポイントとしてあとがきにこう残した。

「すでに与えられている環境に対して感謝の気持ちを持つこと、そしてそこで自分はいったいなにができるんだろう? と考えたとき、身近な人に対して自分のできる範囲で小さなことからはじめることが大切なのではないでしょうか。そのためには、自分から心を開いてまわりの人に働きかけること!」

単行本、205ページ。定価1365円。