『萌える!エネルギーのすべて』

写真拡大

ぶんか社は2011年11月1日、新刊本『萌える!エネルギーのすべて』(執筆・監修/山根成樹、編集/サイドランチ)を発売した。

バイオマスって一体なに?

再生可能エネルギーとは? 原子力はやっぱり危ないの? バイオマスって一体なに? 大手受験予備校で化学や物理などを教える筆者が、石油、原子力、太陽熱、水力、風力、氷雪熱利用といった各エネルギーを、「萌え擬人化」することでわかりやすく解説したユニークな一冊だ。

登場するキャラクターの姿かたちには、彼女たち自身が関わる項目の特徴や性質が巧みに反映されており、本来は難しい題材も、萌えキャライラストの存在で楽しく読ませる。

内容は、第1章でエネルギーそのものについて解説。第2、第3章では「非再生エネルギー」および「再生可能エネルギー」を。第4章では「これからの社会とエネルギー」について説き、最終の第5章では「世界各国のエネルギー事情とスマートグリッド・エネルギー法制」を解説する。

単行本、128ページ。定価1470円。