『銀座料亭の若女将が教える一流の習慣術』

写真拡大

ソフトバンククリエイティブから発売されている新刊本『銀座料亭の若女将が教える一流の習慣術』(著・伊藤ミナ子)が好評だ。

「学ぶことは、ほかを真似ることから始まる」

著者の伊藤さんは銀座の料亭「朝川」の若女将であるとともに、複数の飲食店の経営やフードコーディネーターなどでも活躍している。今回の書籍は、そんな伊藤さんが、「朝川」の客から学んで実践している一流の習慣術を紹介したものだが、「『どん底』から積み上げていく」「強みと弱みを口癖にする」「失敗の体験を高く売る」「ヴィジュアルが浮かんでくる話をする」「93%は見た目で判断する」など、その中身がなかなか興味深い。知っておきたい礼儀作法の解説もあり、特にビジネスマンには役立つだろう。

「学ぶことは、ほかを真似(まね)ることから始まるといいます。(中略)この本を通じ、みなさんがさらにいい仕事をされていくきっかけづくりの一助となるとしたら、それに勝る幸せはありません」とまえがきに記している。

単行本、208ページ。定価1470円。