ロッテのど飴前線(予想)

写真拡大

ロッテと、日本気象協会は、日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイト「tenki.jp」において、共同で開発した「ロッテのど飴指数」の提供を2011年11月1日に開始した。

空気の乾燥度合いが一目で分かる

「ロッテのど飴指数」は、ロッテの「のど飴(あめ)」販売データ、気温や湿度などのさまざまな気象条件、空気の乾燥との関連性を示す資料などを元に、のどの環境に影響を与える「ドライレベル」を表現。

空気の乾燥危険度を示す「ドライレベル」は5ランクあり、「ドライレベル」が高いほど、のどが乾燥する危険度が高くなる。

その日の「ドライレベル」は、「ロッテのど飴指数」の公式キャラクター、「イガラシ カリンくん」が「tenki.jp」にて、毎日知らせてくれる。