写真は、袋タイプイメージ。

写真拡大

カンロは、音楽大学と共同開発した「ボイスケアのど飴」を、2011年10月31日から、スーパーやコンビニに販路を拡大して発売する。それにともない、持ち運びに便利なスティックタイプもラインナップに追加する。

「声」のプロと共同開発

昨年ドラッグストア限定で発売し、好評を得た同商品。

国立(くにたち)音楽大学教授で声楽家の小林一男氏や、同校の学生たちの意見を取り入れ開発した。教授のアドバイスを元に、味にも効果にもこだわった「ハーブエキス」を新調合。学生たちにものどをいたわる工夫、好きなのど飴について意見を聞き、60回以上の試作を経て完成した。

カラオケ前にも

専門的な職業の歌手や声優のみならず、飲食店やビジネスの場においてなど、声が重要であるシーンは多い。「モテ声」などに注目が集まる中、「ボイスケア」という新しいコンセプトが反響を呼び、今回スーパーやコンビニエンスストアに拡大してリニューアル販売することとなった。

価格は、袋タイプが248円。スティックタイプが120円。