災害時にあると心強い

写真拡大

三洋電機は、自然放電を抑制する性能や、繰り返し使用回数を改善した充電式ニッケル水素電池「eneloop(エネループ)」の新モデルを2011年11月4日に発売する。

70パーセントのエネルギーを維持

負極に使用している水素吸蔵合金の結晶格子構造を改良することで、自然放電抑制性能を向上させ、1年後で約90%、5年後では70%のエネルギーを維持できる。日常で使用するほかに、充電してストックしておき、非常時のための常備電池としても利用できる。

また、電極材料の改良によって繰り返し使用できる回数が約1800回になった。これは2005年の初代「エネループ」(HR-3UTG・HR-4UTG)と比較して約80%アップ、従来の「エネループ」(HR-3UTGA・HR-4UTGA)と比較して約20%アップとなる。1回あたりのコストは従来の2.5円から2.2円に下がったという。

製品出荷時の充電に太陽エネルギーを使用

「エネループ」は購入してすぐに使用できるように充電が完了した状態で販売されており、新モデルにも従来製品と同様に太陽光発電による「グリーン電力」が使われている。家庭での充電は従来型「エネループ」に対応した充電器をそのまま使用可能。

希望小売価格は、単3形2個入りパック「HR-3UTGB-2」は1260円、単4形2個入りパック「HR-4UTGB-2」は1050円。