創刊25周年を迎えた「ファミ通」

写真拡大

角川コンテンツゲートは、角川グループ直営の電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」に、2011年10月28日、新しいストア「ゲーム館」をオープン。また、「ゲーム館」では、エンターブレイン発行「週刊ファミ通」の電子版を毎週金曜日に配信する。

いよいよ電子版になる

「BOOK☆WALKER」では、スマートフォン向け電子書籍アプリケーションとして、ライトノベル、コミック、文芸、新書を中心とした角川グループが持つ豊富な作品を、約3000タイトルを電子化、販売している。

今回オープンする、「ゲーム館」の目玉となるのは、その速報性と豊富な情報量で、読者から高い支持を得ているTVゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」電子版の配信。配信開始後3か月間は「ゲーム館」で販売されるため、バックナンバーも購入可能。

電子版は、紙の雑誌と同内容で、価格は350円。

その他、角川グループの出版社が発行するゲーム攻略本も本ストアで配信される。