タニタは、ソーラーパネルを搭載したデジタルソーラークッキングスケール「SD‐004」を、2011年11月1日に発売する。

タニタが展開している環境対応商品「ECO Living(エコリビング)」シリーズとして開発したもので、駆動源に太陽電池モジュールを取り入れ、最大2キログラムまで計量できる。また、少ない電力でも作動する独自の省電力センサーを搭載。バックアップ用の電池を内蔵したハイブリッドタイプとすることで、場所や時間を選ばず低照度時でも快適に使えるようにした。

本体サイズは縦205ミリ×横129ミリ×高さ40ミリ。縦に長いボディーを採用し、ソーラーパネルと計量皿とのスペースを十分に確保することで、計量時にソーラーパネルがボウルなどの陰になることなく使える。

色は、グリーンとオレンジ。希望小売価格は4200円。