職人の丁寧な加工によるシンプルなるデザイン

写真拡大

セイコークロックは、「SEIKO SOLAR+」(セイコー ソーラープラス)シリーズで初めてとなる置時計を、2011年10月下旬に発売する。

厚さ10ミリメートルのアクリルを、1つひとつ熟練した職人が手作業で加工し、シンプルながら温もりのあるデザインに仕上げた。省エネ設計の薄型ソーラー電波ムーブメントは、創業以来130年間培ってきた技術をいかし、従来の約2分の1である総厚8.5ミリメートルの薄さを実現している。

明るい場所では光エネルギーだけで動き、光が足りない場所では補助電池がバックアップする安心設計。

希望小売価格は、3万1500円。