「水都大阪フェス2011」のロゴ

写真拡大

大阪観光コンベンション協会は2011年10月17日、大阪・中之島エリアで10〜11月に開催される「水都大阪フェス2011 水辺のまちあそび」と連動したスマートフォン専用コンテンツの無料配信を開始した。

10月22〜30日は「チャレンジウィーク」

水都大阪フェスは、「めぐる・たのしむ・つなぐ・かんじる」という4つの視点で用意した協働型・参加型プログラムを通じて、大阪の水辺の使いこなし方や魅力を発信するフェスティバル。

10月22〜30日を「チャレンジウィーク」と位置づけ、中之島公園をメーン会場に、船着場周辺にバル街を作る「大阪水辺バル」(22日)、おもちゃ交換会や防災体験プログラムを組み合わせた「水辺でかえっこバザール」(22〜23日)、幻想的な水辺の風景を作り出す「水都大阪灯明2011」(22〜23日)などの多彩なプログラムが実施される。10〜11月の2か月間は「トライアルマンス」とし、府内が一体となって関連イベントを開催し、フェスを盛り上げていく。

4つのカテゴリーからイベント検索

中之島エリア全体を巻き込んだ大型イベントだけに、プログラム数もかなり多い。スマートフォン専用コンテンツでは、「プログラム」「エリア」「カレンダー」「マップ」の4つのカテゴリーから各プログラムの詳細や開催場所を確認できるので、迷うことなくイベントを楽しめる。

また、同協会が配信している「osaka field trip for smart phone」では、よりすぐりのカフェ、ギャラリー、観光スポット、おみやげの情報が約100件紹介されているので、こちらも府内観光に便利だ。