グッズは全部で300種

写真拡大

ウォルト・ディズニー・ジャパンとグリーは2011年10月17日から、経営シミュレーションのソーシャルゲーム「マイ・ディズニーストア」を、フィーチャーフォン向けSNS「GREE」で配信している。

グッズ同士かけ合わせて「商品開発」

ディズニーストアの店長となり、ミッキーマウス、ドナルドダック、くまのプーさんなど、ディズニーキャラクターのグッズを販売して、店を成長させていくゲーム。ディスプレーを工夫し、デコ素材で店内やアバターを飾り付けることで、自分好みの店を経営できる。

プレーヤーは、人気度の高いディズニーグッズを店に配置することで、より多くの店舗収入を得ることができる。ディズニーキャラクターたちが住む「バザール」でクエストすればグッズが手に入り、グッズ同士をかけ合わせて「商品開発」することで、より人気度の高いグッズにすることも可能だ。

グッズは全300種。今後、随時追加していくという。

実際のディズニーストアとの連携も

ほかのユーザーの店でアルバイトする、ユーザー同士でグッズのトレードやプレゼントができるなど、ソーシャルゲームならではの要素も豊富だ。

さらには、実際のディズニーストアと連携した新アイテムの投入や季節限定イベント、ディズニーの劇場公開映画と連動したイベントなどを随時実施していく予定。

10月17日からは、友だちをゲームに紹介すると「ミスバニーのバッグ」「アリスのポット」「ミニーマウス クッション」が手に入るキャンペーンを実施している。

ゲームは基本プレイ無料で、アイテム課金制。