書類の電子化が進む

PFU(川崎市)は、書類をPDF化するパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」「S1500」「S1500M」にiPad/iPhoneへの取り込み機能の追加、クラウドサービスとの連携を拡充したモデルを2011年10月21日に発売する。

iPhoneとクラウド、どちらにも保存できる

iPad/iPhone専用のアプリケーション「ScanSnap Connect Application」を利用して、ScanSnapでスキャンした原稿をiPad/iPhoneに直接保存できる。なお、スキャン時にパソコンに接続する必要がある。同アプリはApp Storeで無料ダウンロード可能。

また、クラウドサービスとの連携の拡大を行い、以前から連携機能があったGoogleドキュメント、Evernote、Selesforce CRMに加えて、新たにSugarSyncとSelesforce Chatterにスキャンデータを保存できるようになった。

さらに、アドビシステムズのPDF編集ソフト「Adobe Acrobat Standard」を標準添付し、ScanSnapで作成したPDFを加工、編集するのに役立つ。

PFUダイレクト価格は、ScanSnap「S1500」と「S1500M」どちらも4万9800円。