レトロな見た目がオシャレ

写真拡大

音響・DJ機材および音楽関連グッズ輸入販売を行うDMR(東京・渋谷区)は2011年10月14日、「Crosley Spinnerette USBレコードプレイヤー」を発売した。

レコードの音源を簡単にデジタル変換

1920年創業の米Crosley Radioが手がけるターンテーブルシリーズの2011年秋冬最新モデル。7〜12インチサイズのレコードを3段階の回転速度で再生できる。コンパクトボディーながら迫力抜群のフルレンジ型ステレオスピーカー内蔵で、面倒な配線なしでレコードが聴ける。

また、USB出力からケーブルを接続し、付属のリッピングソフトをPCにインストールすることで、レコードの音源をMP3やWAVファイルなどのデジタル音源へ変換することができる。さらにiPhoneやiPodなど手持ちのオーディオプレーヤーの出力から本体のLINE入力へミニプラグを接続すれば、スピーカーにもなる。使わない時はコンパクトに収納でき、トランク型なので持ち運びも便利だ。

Red(赤)とTeal(青緑)の2色展開。価格は1万6800円。DMR渋谷店(渋谷区宇田川町)およびDMRオンラインショップで販売している。