進化し続ける

写真拡大

ホンダは「フィット」の10周年特別仕様車3タイプを2011年10月13日に売り出した。「13G・10th アニバーサリーII」、「HYBRID・10th アニバーサリー」、「RS・10th アニバーサリー」で、既に販売されている「13G・10th アニバーサリー」と合わせて、10周年特別仕様車は計4タイプとなる。

コンパクトなのに中は広々

フィットはコンパクトな見た目ながら、広々とした車内スペースがあることで人気の車種。リヤシート下部や背後などに配置されることが多い燃料タンクを、車両中央に配置する「センタータンクレイアウト」という独自技術を採用した革新的なコンパクトカーとして、2001年に販売が開始された。その後、01-02年の日本カー・オブ・ザ・イヤーなど数々の賞を受賞し、2011年上半期の新車販売台数でも第1位を獲得。国内の累計販売数は160万台を突破している。

それぞれに特長がある仕様

「13G・10th アニバーサリーII」は、バックモニター付きオーディオやIRカット/UVカット機能のついたフロントウインドウガラスなどを標準装備したモデルで、価格はトランスミッションの種類によって、137万円と154万5600円の2タイプ。

「HYBRID・10th アニバーサリー」は、本革巻ステアリングホイールやシャンパンメタリック塗装スイッチパネル、ブラックとベージュから選べる専用インテリアなど、内装にこだわった。価格は165万円。

「RS・10th アニバーサリー」は、専用ブラックインテリアや専用デザインのアルミホイールを装備したスポーティー仕様。価格は171万円。