宮城県にある放送局が、「東日本大震災をしっかりと記録し、後世に実態を伝えること。」を目的に

写真拡大

KHB東日本放送(仙台市)は、東日本大震災に関する報道映像を収録したDVD「3.11 東日本大震災 激震と大津波の記録」を2011年10月14日に発売する。

3部構成・80分の記録映像集

極一部の空撮映像を除き、宮城県の地元放送局KHB東日本放送が、地震の発生直後から震災後50日までの間に地元で取材した映像をまとめた記録集だ。

津波や地震の爪あとを記録した第1部「激震と大津波の記録」、人々の不自由な暮らしや復興に向けた動きに関する第2部「震災後50日間の記録 復興への歩み」、気仙沼支局のカメラマンが撮影した映像である第3部「気仙沼を襲った大津波の記録映像(ノーカット版)」の3部構成・本編約80分という構成になっている。

売上の一部は寄付へ WEB SHOPからも購入可

東日本放送の販売する商品を購入できるショップサイトKHB WEB SHOPで予約販売を現在受け付け中だ。

宮城県内では、すでに「震災復興 がんばろう!東北 松島マラソン」会場で10月9日に先行発売されており、主要な書店やCD・DVDショップなどで販売される予定。

価格は1470円で、DVDの売上の一部は東日本大震災の被災者へ寄付されるという。