左からトップメニュー画面、拡大鏡付き台形補正、編集画面

写真拡大

   エレコムは、会議室にあるホワイトボードの撮影や、撮影した写真の補正・編集・送信ができるAndroid用アプリ「白板会議室」のAndroid Marketでの公開開始を2011年10月11日に発表した。

撮影もより正確に

   会議などが終わった後に、会議の議事録と一緒にホワイトボードを撮影して関係者に送付することがあるが、「白板会議室」はその撮影、補正、送信が簡単、便利に行えるアプリだ。

   「速撮ウィジェット」をホームに配置することで、それまでよりすばやい撮影ができるようになる。また、アングルの都合で画面がゆがんでしまっても、ホワイトボードの部分のみを自動的に認識し台形補正を行うほか、ホワイトボードが認識できない場合でも拡大鏡をつかった取り込み枠の修正やコントラストの調整ができるようになっている。

資料の補足、送信もかんたんに

   撮影した画像を吹き出しや矢印、テキスト、マーカーなどで編集し、新情報や補足説明を加えた形で保存することができる。議事録と画像をまとめて1つのPDFファイルにして添付したり、事前に送付先の指定を行ったりすることでさらに手早く、スマートな送信も可能だ。

   画像が10枚に制限され、広告が表示される機能制限版を無償提供するが、制限がなく利用するためには有償のライセンスキーを取得する必要がある。有償のライセンスキーの価格は315円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!