着信と同時に顧客の情報が表示される

写真拡大

   日比谷コンピュータシステムは、顧客情報を見ながら電話応対ができるサービス「じゃんじゃんコール受付名人」を2011年10月11日から販売開始する。

これまでの問い合わせ内容をすぐに確認

   「電話がかかってきたとき、初めての顧客か、既存の顧客か即座に判断できない」「既存の顧客に対して、今までどのような対応をしたか、またどのような要望があったかわからない」――この「じゃんじゃんコール受付名人」は、こうした課題の解決を目指したクラウド形態のCTIサービス。

   電話を着信すると、パソコンに電話をかけてきた顧客についての情報をポップアップで表示。既存の顧客の場合は、これまでの問い合わせ内容なども確認することができ、より満足度の高い応答が可能になる。また通話録音、音声自動応答も標準装備しており、顧客情報の蓄積・共有に適している。

月額2万円からの低価格

   既存の電話設備の入れ替えや変更も必要なく、オフィスの環境に合わせた柔軟な導入ができることも特長。価格も月額2万円(1回線分を含む)、増設も1回線当たり1万円と低く抑えている。

   問い合わせは電話(03-5690-9440)、あるいは同社サイトから。また11月17日〜18日に池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催される「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2011in東京」にも出展し、セミナーを開催する予定。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!