アイデアを形に

写真拡大

   ローランドディージー(浜松市)は、フィギュアやアクセサリーなどを3D切削加工できるデジタルクラフトツール「iModela(アイモデラ)iM-01」を2011年11月9日に発売する。

専用ソフトでデザインも簡単

   「iModela」は回転する刃物でアクリル板などの樹脂材料を切削する加工機。加工材料やカッターのセッティング以外のほとんどを、コンピューター上で行えるうえ、専用デザインソフトウェア「iModela Creator」を同梱しているため、文字や図形を組み合わせてアイデアをコンピューターの画面上に描ける。材料をセットすると、切り抜く・掘り込む・穴をあけるなどの加工が行われ、「iModela」で描いた通りに出来上がる。

   本体サイズは、214mm×200mm×205mm(幅×奥行き×高さ)で、最大加工エリアは86?×55?×26?(X×Y×Z)。主要パーツは折りたたんで専用のキャリングケースに収納できる。

ダウンロードしたデータから加工も

   専用のCAMソフトウェア「MODELA Player4」(ユーザーは無料ダウンロード可能)を使用すれば、自分で作成した3Dデータのだけでなく、インターネットからダウンロードした3Dデータやサイトから購入したデータをもとに切削加工できる。小さな動物フィギュアや、スケールモデルの改造パーツ、フィギュアの装備品、鉄道模型用小物など、アイデア次第でさまざまな物を切削加工可能だという。

   価格は7万8750円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!