写真は『ネックリフレ(EW-NA12)』

写真拡大

   パナソニックは、アクセサリー感覚、コスメ感覚で携帯できるコンパクトな低周波治療器『ネックリフレ(EW-NA12)』と『ポケットリフレ(EW-NA22)』を2011年11月1日に発売する。

仕事をしながら首のコリがスッキリ

   『ネックリフレ』は、2010年3月にEW-NA11が発売され、コンパクトなデザインと首に掛けるだけでマッサージができる手軽さが好評で22万台を販売した人気商品。今回の新製品EW-NA12は従来のEW-NA11に搭載されていた「おまかせ」「おし」「もみ」に加えて「たたき」を新たに採用した。4つの首専用自動コースによる低周波の刺激で首のコリをしっかりほぐしてくれる。

   本体の軽量化を実現しストラップを付けたことで、首に掛けられ、仕事や家事をしながらアクセサリー感覚でさりげなく使用できる。

   また、コンパクトな本体には、パッドとコードが収納でき、旅先などにも化粧ポーチに入れて手軽にコスメ感覚で持ち運ぶことができるので便利だ。

   オープン価格だが、想定価格は7000円前後。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!