朝起きるのが楽しくなる

写真拡大

   サンリオから2009年2月12日より発売されている「ハローキティアクション目覚まし時計」が人気を呼んでいる。一見するとかわいらしい単なるハローキティの目覚まし時計なのだが、アラームをセットした時間になると、

「おはよう、時間ですよ〜おはよう〜起きて〜ほらほら遅刻するわよ」

とおしゃべりしながら、足をパタパタさせて走りだす。本体を捕まえて頭部のボタンを押すと静止して「おはよ!」と口にするところがなんともカワいい。

   走りまわるため、故障防止にもぬかりがない。落下防止機能を搭載しており、前輪の両方またはどちらかが脱輪した時、自動的に後退。また、音認識、衝突時バック機能により、大きな音を認識した時や壁などに衝突した時にも自動的に後退する。

   どのような経緯、発想で「ハローキティアクション目覚まし時計」ができたのかサンリオの広報に尋ねたところ

「朝に弱い企画担当者が、目覚まし時計の企画を考えていた際に、部屋の中を動き回る目覚まし時計があれば、どんなに眠くても必ず目が覚めるはず!だったらキティちゃんで作っちゃえ!と思ったのがきっかけです」

とのこと。

   アクション機能をオフにし、おしゃべりアラーム機能だけをオンにすることも可能なほか、アラーム時刻に関係なく、アクション機能が作動するモニター機能も搭載。

   ちなみに、時計がりんごのモチーフをしているのは、次のような理由だという。

「キティちゃんのプロフィルでは、身長がりんご5個分、体重はりんご3個分、好きな食べ物は『ママの作ったアップルパイ』。つまり、キティちゃんとりんごはとても関係が深いんです」

   価格は6300円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!