サイクルトレーラー

写真拡大

   財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センターは2011年10月1日・2日の2日間、「『自転車が人にできること2011』展(〜ここまでできる自転車の魅力〜)」を開催する。

自転車40台を

   人に役に立つ自転車をテーマとする展示会で、開催場所は東京北の丸公園の科学技術館1Fイベントホール。入場は無料だ。

   展示会では「業務用またはレジャー用に効率よく物が運べる自転車」、「誰でも・いつでも・どこでも簡単に乗れて収納できる自転車」、「災害時にも活用できる自転車」というテーマ別に、乗る人のために工夫をこらしたさまざまなタイプの自転車40台を開催する。

試乗も可能

   そのほかには「市場や街中で今でも活躍している昔なつかしい運搬用自転車の様子」、「東日本大震災の被災地(岩手・宮城・福島・茨城各県)サイクリング協会会員が自転車を通じて語る震災体験」、「自転車文化センターが所蔵する、歴史を物語る運搬用自転車(4台)」も紹介。ハンドメイドや特別製作自転車(36台)も展示され、試乗も可能な自転車もある。<モノウォッチ>

                                             

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!