文字盤が回る楽しいからくり

写真拡大

   リズム時計工業(さいたま市)では、「ダイナミックなからくりアクション」が特徴のからくり電波掛時計「スモールワールドノエル」を2011年9月21日に発売する。

えっ、そこが回るの?

   この「スモールワールドノエル」は1時間に1度、メロディーとともにLEDランプが点灯を始める。と、ここまでは普通の時計とそう変わらないのだが、続いてなんと文字盤がぐるりと回転。文字盤の後ろに隠れていた歯車もいっせいに回り始め、からくりをフルに使って楽しく時を告げてくれる。

「薄さ」にもこだわった

   リズム時計工業には「薄さにもこだわったからくり時計がほしい」という声が寄せられていたといい、この製品の開発に当たっては新たなからくり機構を制作、85ミリという薄さを実現した。

   また高級感あるデザインにもこだわり、スワロフスキー・エレメントのクリスタルを細部に施した。メロディーは全30曲を収録している。

   価格は2万1000円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!