ソニーエリクソンのスマフォ「Xperia」を彷彿させる外観

写真拡大

   ソニーは2011年12月10日、音楽や映像、多彩なアプリケーションを高音質で楽しめるAndroid2.3搭載ウォークマンとしてZシリーズ(3機種)を発売する。

Select Appでお薦めアプリに簡単アクセス

   フルデジタルアンプ「S-Master MX」などの高音質技術がさらに進化し、ウォークマン「史上最高音質」をうたう。くわえて、タッチ操作でアルバムのジャケット写真を触りながら直感的に操作、選曲できる新アプリケーション「W.ミュージック」、画面状態に関わらず音楽再生を操作できる「W.ボタン」などを搭載。Select Appを使えば、おすすめのアプリケーションへのアクセスも簡単。

デュアルコアCPUによる高速並列処理

   大画面4.3型WVGA(480×800)液晶は野外でも見やすい高輝度・高コントラストで、持ちやすさを追求したデザインだ。プロセッサーにはNVIDIA Tegra 2モバイルプロセッサーを採用。デュアルコアCPUによる高速並列処理が可能で、速いウェブブラウジング、高精細なビデオゲーム、フルHDビデオの再生などが快適だ。

   ラインアップは64GBモデル「NW-Z1070」(4万3000円前後)、32GBモデル「NW-Z1060」(3万3000円前後)、16GBモデル「NW-Z1050」(2万8000円前後)。カラーはブラックまたはレッド。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!