時間がないため簡潔に。コメントの返信は遅れます。

期待されていた吉川は4回を3失点(被安打7・四死球3)
期待に応えることができませんでした。
試合はあまり見れなかったんですが、
全体的に球は高かったようで・・・

最後内川に打たれたのは相手が1枚上手だったのですが、
その内川の前に走者を溜めてしまったのが1つの敗因ですよね。

武田勝のように「変化球主体で直球は見せ球」であれば、
「直球を真ん中〜高め」に集めてファウルでカウントを稼ぐ・・・
ということもできるのですが、
直球主体の吉川が高めに入ってしまうと、痛打されてしまうようです。

【9月18日 吉川の低め率・日ハム先発陣の2011年低め率】
画像

そもそも今日は変化球自体が低めに集まっていない・・・
というのが大きかったかもしれませんが。

あとは追い込んでから四球をだしてしまったり・・・
というのももったいない部分ですね。
もう一つ吉川はここから伸びてきません。

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

<9月18日 吉川 球種割合>

画像
画像

吉川の投球は基本的に直球が主体です。
変化球はスライダーを軸に、緩急をつける時は大きなカーブを使用。
それなりの威力はあると思うのですが、
直球はともかくとして、冒頭の「低め率の表」を見てもわかる通り、
変化球はあまり低めに集まってきません
このあたりが1軍で活躍できるかどうかの境目になるのでしょうか・・・

2軍ではトップクラスのようですが・・・
やはり制球が今ひとつだと1軍ではなかなか通用しないようです。
「球の力」だけでは、1軍で勝つのはなかなか難しいようですね。

★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

<まとめ>

今月は負け試合が多く、なかなかしんどいですね(苦笑)
明日からは西武3連戦なので、まずは3連戦の頭をとりたいところですね〜。

ちなみに吉川は2軍で再調整とのことです。