「ムダ」を見つけて節電・節水する「エコナビ」もさらに進化

写真拡大

   パナソニックは、国内の洗濯乾燥機で最速の約30分の洗濯時間を実現したドラム式洗濯乾燥機「NA‐VX7100L」ほか4機種を、2011年9月26日に発売する。

   たたき洗いやもみ洗い、押し洗いと「全方位シャワー」を組み合わせた、独自の洗浄方式で新開発の「スピンダンシング洗浄方式」が特長だ。定格9キログラムの場合、従来品に比べて約12分短縮して約30分で洗濯できる。

   また、「エコヒートポンプエンジン」内に新コンプレッサーを搭載。定格6キログラム洗濯乾燥時の省エネ性能も向上した。ムダを見つけて節電運転する「エコナビ」機能は、洗い・乾燥工程に加え、新たに脱水工程でも衣類からの水の抜けやすさを見分けて働く。エコナビで洗濯から乾燥まで、最大約10%の節電になる。

   オープン価格。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!