たとえ逆転優勝しても続投はない−−。北海道日本ハムは梨田昌孝監督(58)と来季の契約を更新せず、新しい指揮官を招聘することが明らかになった。
 「一昨年、梨田監督は2年契約の最終年でしたが、新たに2年契約を結び直し、今年再び最終年となったわけです。2年前はちょうど今頃、契約延長を告げるため、大社啓二オーナー自らが球場に梨田監督を訪ねました。しかし、今回はオーナーが梨田監督に会う予定がないそうで、暗に契約満了が告げられました」(スポーツ紙記者)

 梨田監督のリーグ成績は3位、優勝、4位。今季もAクラス争いを優位に進めており、次期監督はかなりの重圧を背負っての采配となる。そのせいだろうか、「編成会議で新庄剛志氏の名前も挙がった」という情報も流れている。
 有力候補はヤクルトOBの栗山英樹氏、自軍OBの白井一幸・現横浜二軍監督、さらには現ドジャースコーチのトレイ・ヒルマン氏の再登板も検討されている。

 親会社が食料加工品会社だからか、候補者たちは爽やかでインテリ風、若さも感じられるが、一方でこんな指摘も聞こえてくる。
 「栗山氏の場合、日ハムの球団幹部に創価学会員がおり、そのルートで同氏の名前が浮上してきました。ヤクルトでも監督候補に挙がったことがありますが、彼は白鴎大学経営学部の教授。ヤクルト監督を辞退したのも、身辺整理ができなかったからです。まして、プロでコーチ経験もないのに、いきなり監督ではリスクが高すぎる」(球界関係者)

 また、白井、ヒルマン両氏に対しても、「日ハム監督になるから辞めます」では、現在籍チームへの仁義に欠き、実現は厳しいと言わざるを得ない。そう考えると、新庄氏の監督就任もあり得ない話ではないのだ。
 「来季はダルビッシュがいないが、今の斎藤佑樹では後継者になれるとは思えない。中田翔だって、安定した成績を残せるかどうかわからないし、大野を正捕手に育てていかなければなりません…」(同)

 新監督は試練のスタートとなりそうである。