食品収納スペースが約8リットルも向上した

写真拡大

   パナソニックは、食品の収納スペースをアップした「ワンダフルオープン引き出し」を搭載したトップユニット冷蔵庫「NR‐F556XV」ほか5機種を、2011年10月15日に発売する。

   冷凍室・野菜室を全開する引き出しドアに業界初というアダーレール機構を採用しているのが特長だ。収納スペースが合計約8リットル向上し、まとめ買いした食品はもちろん、調味料やコメなどの保存が可能となった。また、「ナノイー」が全室に循環、クリーンな冷気が行きわたる。

   「NR‐F556XV」には、新たにパーシャルフリージング機能を搭載。約マイナス1〜マイナス3度の微凍結状態で、肉・魚や加工食品の約1週間、保存できる。新たに開発した高性能真空断熱材、コンプレッサーの高効率化などで省エネ性能を向上した。生活パターンを覚え電気のムダを見つけて、省エネ運転する「エコナビ」も搭載している。

   オープン価格。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!