「光脱臭クリーンシステム」でアンモニア臭を約99%脱臭できる

写真拡大

   三菱電機は、紙パック式掃除機「雷神」TC‐BXAシリーズ2機種を、2011年10月1日に発売する。吸引力と紙パックが約2倍長持ちして、手間のかかる紙パックの交換が減るのが特長だ。

紙パックの交換回数を軽らせる

   「クリーンBIGボックス」が、紙パックを十分に広げるスペースを確保したことで、従来と同じ紙パックでも、従来品の約2.4倍にあたる集じん容積2.4リットルを実現。「パワフルワイド風路」が風路を確保し、吸引力(ごみ集じん量)が約2倍長持ちする。紙パックの交換回数を軽減できる。

   また、溜まったごみから発生する臭いの分子を光触媒フィルターで吸着させて脱臭する「光脱臭クリーンシステム」が、家庭におけるごみの臭いの一成分であるアンモニアを約99%脱臭する。

   オープン価格。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!