タキイ種苗の「トップギア」

写真拡大

   タキイ種苗では新品種のブロッコリー「トップギア」の種を発売中だ。

ブロッコリーは農家の人気野菜

   価格が安定し、軽量で収穫・出荷も容易なブロッコリーは農家の間で今人気上昇中の野菜の一つだ。栄養分が豊富で加工用の需要も高いこともあり、各地で栽培面積が増加傾向にある。

   そこでタキイ種苗では栽培安定性と品質、収量性を兼ね備え、なおかつ年内の収穫が可能な中早生種を目指して育成を実施。「トップギア」の作出に成功した。

粒揃いで安定した品質

   「トップギア」は食用となる花蕾(からい)部分が小粒でよく揃い、形もドーム型にまとまりやすい特徴を持つ。やや太目の茎は花蕾をよく大きく育て、安定して質の良い作物を収穫できる。

   低温の環境でも花蕾が育ち、また収穫期も長いため、晩秋の収穫も可能。春まき栽培では形の悪い小さな花蕾しかできない品種も多いが、優れた「耐ボトニング性」で質の良い花蕾を収穫できる。草丈もあまり高くなり過ぎないサイズで、倒れる心配も少ない。

   希望小売価格は小袋(約180粒)が577円、20mlで6615円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!