大光量でありながら高い省エネ性能を実現(写真は、LEC‐AA800)

写真拡大

   日立アプライアンスは、独自の「ダイレクト照射方式」で大光量と省エネを両立した住宅用照明器具「LEDシーリングライト」6機種を、2011年10月8日に発売する。

ドーム型LEDユニットがキラリ

   LEDの光を直接照射方向に向ける「ダイレクト照射方式」を採用。多数のLEDを搭載しても熱を効果的に逃がす大型放熱構造で、大光量でありながら高い省エネ性能を実現した。

   2つのLEDモジュールを半球状の樹脂で覆った「ドーム型LEDユニット」を形成して、ドーナツ状に配置するとともに、カバーとの距離を最適化することでダイレクトに照射してもLED光源の発光部が目立つことなくカバーがきれいに光る。

100%〜約5%まで明るさを調整

   機能面でも、新たに「あかるさセンサー」で部屋の明るさを検知してあらかじめ設定した好みの部屋の明るさを保つ「〈eco〉これっきりボタン」を6機種すべてに搭載。外光などで明るいときは自動で減光し、明るさが十分なときは消灯もして消費電力を抑える。また、100%〜約5%まで明るさを調整できる「連続調光」機能で好みの明るさの設定が可能だ。

   オープン価格。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!