写真は、夜のGeo-Cosmos

写真拡大

   日本科学未来館は、「中秋の名月 未来館でお月見!2011」を2011年9月10日から9月12日まで開催する。

   9月12日の中秋の名月に合わせ、有機ELを用いた世界初の球体ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」に月周回衛星「かぐや」が捉えた月の表面データを映し出すイベント。今回は9月10日と9月11日に夜間の特別開館を行い、通常開館時には見ることのできない夜の暗闇に浮かぶ「ジオ・コスモス」の姿を、天気がよければ本物の月とともに楽しめる。また当日は、先日急逝した音楽家レイ・ハラカミ氏が楽曲を手がけたプラネタリウム作品「暗やみの色」を特別上映する(先着400人)。

   入館料は大人600円、18歳以下200円。夜間の特別開館は大人1300円、18歳以下500円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!