リール会長がパク・チュヨンを痛烈批判「人間としてあり得ない」

 モナコに所属する韓国代表MFのパク・チュヨンがアーセナルへ移籍する見込みであることが分かった。しかし一方で、パク・チュヨンの行動にリールが激怒していると、フランス誌『レキップ』が報じている

 26歳のパク・チュヨンはリーグ・アンの王者であるリールへの移籍に向けてメディカルチェックを終えて、3年契約を締結する間近だった。しかし、同クラブのミシェル・セイドゥー会長によると、パク・チュヨンのために用意されたホテルの部屋は空になっていたという。

 同会長は、「彼はイングランドへ行ったよ。アーセナルへ行ったのは間違いない」と、直前での心変わりに激怒。不快感を示した。

 さらに、「我々は、彼のとった人間としてあり得ない行動にがく然としている。これは、この選手がリールで何もすることがなかった、ということを示している」と痛烈に批判。パク・チュヨンの行動が品格に欠けるものだとして、怒りを露にした。

【関連記事】
清水が元アーセナルのリュングベリと契約…本人が明かす
ヴェンゲルが補強を宣言「2、3人の選手を獲得したい」…本田獲得の噂も
テベスの残留が確実だと語るマンチーニ「素晴らしいこと」
マンUの好発進、老将ファーガソンが押し進める巧妙な世代交代策とは
香川、宮市、本田らの活躍を海外日本人特集ページでチェック!