「マーケターの知らない『95%』 消費者の『買いたい!』を作り出す実践脳科学」

写真拡大

   消費者のニーズを察知し、いかに素早くアプローチできるかがマーケッターの手腕。もっと言えば、消費者の「脳」が欲するものをどうやって突き止めるかが「勝つマーケティング」の重要な要素なのだ。

   阪急コミュニケーションズが2011年7月29日に発売した新刊本「マーケターの知らない『95%』 消費者の『買いたい!』を作り出す実践脳科学」(著A・K・プラディープ、監訳ニールセン ジャパン、訳・仲達志)は、消費者の脳が欲しているもを突き止めるうえで、世界の名だたる企業がすでに採用している「ニューロマーケティング」がポイントになると説く。

   買いたくなる脳とはどういうもので、「ニューロマーケティング」の技術とは何なのか? さらには、「買いたくなる脳」の実践編として、ブランドやパッケージ、広告などと脳との関係を、ニューロマーケティングの第一人者である著者が詳しく論じる。

   単行本、424ページ。定価2100円。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!