トヨタカローラ愛知は創立50周年を記念して、ホットドッグの移動販売車「Ume cafe Half Time」を2011年7月9日から県内の店舗で巡回させている。

   2008年、ショールームにカフェとグリーンガーデンを併設して話題になったトヨタカローラ愛知。今回は、そのカフェを全店舗で楽しんでもらおうと、自動車となじみの深い「ホットドック」を組み合わせ、オレンジ色でかわいらしい移動販売車を開発した。

   もちろん車だけでなくホットドックもこだわりの一品に仕上げている。ジューシーな荒挽き国産ポークソーセージに新鮮なレタスを添え、チベット塩を使用したフランスパンで挟んだ。メニューはケチャップとマスタードだけのシンプルな「オリジナル」、サルサソースを加えた「サルサ味」、牛ひき肉をたっぷり使った「チリコンカン味」の3タイプで、すべてにお好みでレッドチェダーチーズのトッピングもできる。価格は350円〜500円。

   カーディーラーとしては初の試みとなるこのホットドッグ移動販売車は、県内31店舗を毎週金・土・日曜日に巡回中だ。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!