ソニーの次世代携帯ゲーム機「PlayStation Vita(PS Vita」の詳細なスペックが公開されました。

なんと競合相手となる任天堂の次世代携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」どころか、PS3やXbox360といった据え置き機を上回るメモリを搭載するなど、高い性能を備えています。

次世代携帯型エンタテインメントシステムPlayStation Vitaソーシャルネットワークとの連携を強化〜Facebook、foursquare、Skype、Twitterの専用アプリケーションを提供〜 | プレイステーション オフィシャルサイト

ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレスリリースによると、2011年内に日本、2012年初頭に欧米で順次発売予定の「PlayStation Vita(PS Vita)」向けに大手SNS「Facebook」、位置情報連携サービス「foursquare」、無料通話ソフト「Skype」、マイクロブログ「Twitter」の専用アプリケーションを提供するそうです。

これらの専用アプリケーションはPlayStation Storeから直接PS Vitaに無料でダウンロードでき、ホーム画面に表示されるアプリケーションアイコンを選ぶだけでブラウザを立ち上げることなく、利用可能。さらに各サービスを利用している友人や知人から共有された画像や動画を楽しむことも可能となっています。

そしてPS Vitaの詳細なスペックも公開。CPUはクアッドコアの「ARM Cortex-A9 core」でGPUもクアッドコアの「SGX543MP4+」、メモリはPS3(メインメモリ256MB、ビデオメモリ256MB)やXbox360(メインメモリ、ビデオメモリ共用で512MB)を上回るメインメモリ512MB、ビデオメモリ128MBの構成。

また、マルチタッチ対応の5インチ(960×544)有機ELディスプレイやマルチタッチ対応背面パッド、120fps QVGA(320x240)または60fps VGA(640x480)動画を撮影可能な前面および背面VGAカメラ、6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能、IEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、GPS (3G/Wi-Fiモデルのみ)などを搭載。

さらに対応コーデックは以下のようになっており、PSP同様、メディアプレーヤーとしての需要にも応える仕様となっています。

ミュージック
−MP3 MPEG-1/2 Audio Layer 3、MP4 (MPEG-4 AAC)、WAVE (Linear PCM)
ビデオ
−MPEG-4 Simple Profile (AAC)、H.264/MPEG-4 AVC High/Main/Baseline Profile (AAC)
フォト
−JPEG (Exif 2.2.1), TIFF, BMP, GIF, PNG

・関連記事
「PS Vita」の開発機は非常に低価格、小規模メーカーでも参入可能に - GIGAZINE

ソニーが非常に安価な新型PSP「PSP-E1000」を発表 - GIGAZINE

ソニーがPS3本体価格を2万4980円に値下げ、全モデルが対象に - GIGAZINE

ソニーが「PS Vita」を値下げしない意向を表明、任天堂に追随せず - GIGAZINE

ソニー、「PS4(PlayStation 4)」にあたるモデルの開発に取り組んでいることを認める - GIGAZINE

ソニーの安価な「3Dディスプレイ」速攻フォトレビュー、PS3との組み合わせで真価を発揮 - GIGAZINE

HDD換装不可と話題の新型PS3「CECH-3000」も換装可能、SCE広報部が回答 - GIGAZINE

torneがレコーダーとの連携強化、PSPで出先から録画予約も可能に - GIGAZINE 記事全文へ