『探偵はBARにいる』で探偵を演じた大泉洋(右)と助手を演じた松田龍平(左)

 札幌在住の気鋭ミステリー作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を映画化した『探偵はBARにいる』は、大泉洋が演じるハードボイルドな探偵と、松田龍平が演じるグータラだが、いざという時には頼りになる相棒が、事件を捜査する物語である。この映画の魅力は、何と言っても珍妙な二人の掛け合いであろう。今回は、そんな主演二人に作品について話を聞いてみた。

――大泉さんと、松田さん、お互いに最初に抱いていたイメージはいかがでしたか?また、撮影を重ねて印象が変わったというところはありますか?

大泉洋(以下、大泉):疲れないうちに彼に語らせて下さい。すぐ疲れてきますから(笑)

松田龍平(以下、松田):大泉さんが、たくさん話してくれるから、いつも安心しています。

大泉:2人のインタビュー取材では、だいたい僕がしゃべるから、自分が楽になるので「大泉さんがいた方がいいな」って言ってるらしいな。

松田:(笑)。それで、何でしたっけ?

大泉:ちゃんと聞いとけよ!

――大泉さんにお会いする前と後では印象が変わったことがありますか?

松田:面白い方なんだろうなと思っていましたが、実際に会ったらやっぱり面白い方でした。撮影の後、ご飯を食べに行った時に「本当に猫が嫌い」と言っていて…。僕は、猫が好きだから、どうにかならないかなと思ったんですけど、「断固として猫が嫌い」と。こんなに猫が嫌いな人を初めて見たから、すごく変わっているなと思いましたね。

大泉:…いろんな話をした中で、まさかそんな話が印象に残っているとは思いませんでしたね。

松田:それが一番印象に残ってますよ(笑)

――撮影に入ってからも、面白さは増していきましたか?松田:自分のことだけじゃなくて、周りが見えている人なので、現場全体の空気がすごく楽しい雰囲気になっていましたね。