画像は「ウルトラシルデイパック」

写真拡大

   小田急百貨店新宿店では「防災の日(9月1日)」に合わせて、2011年8月17日から9月6日までの間、「いざというときのお役立ちグッズ」を紹介するフェアを開催する。

   防災用品としてだけではなく、普段使いもできるようなアイテムを各売り場でそれぞれ販売する。本館8階の室内用品売り場では、ガラスや陶器の破片などから足を保護する鉄板を内臓したスリッパ「防災スリッパ(3780円)」を販売。軽量の薄い鉄板を使用しているので重さも気にならず、燃えにくい防炎生地を採用した。

   また、ハルクスポーツ地下1階で販売する手のひらサイズのリュックサック「シートゥーサミット ウルトラシルデイパック(2940円)」は、収納時には手のひらに収まるコンパクトサイズでありながら、使用時には20リットルの容量を持つリュックサックだ。薄くて丈夫な生地を使用し、力のかかる部分はしっかりと補強してある。

   ほかにもコンパクトなランタンや折りたたみシューズなど約40アイテムを用意している。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!